ひまわり会 ホーム こぐま会 ネットショップ
ひまわり会ひまわり会ひまわり会


6月 年長児講座

山口 応用課題への挑戦2
中村 学校別対策講座
大坪 手先の巧緻性 / 絵画造形プログラム 
久野雅弘 問題解決力講座

 5月

受付開始:5月31日(火)11:00〜   お申込みはこちら

 
応用課題への挑戦2
担当:山口

 今後の学習は、過去問などの実践的なトレーニングを行うために、応用力を身につけていかなければなりません。今回は、「法則性」「つりあい」「交換」など、最近の小学校入試で出題されている論理的な思考力を問われる課題について指導します。基礎学力に不安のある場合は、「基礎学力の確認」もぜひ受講してください。
 
 
(1)「ペーパー重要課題」基礎学力の確認
講座No.6YA 6月5日(日)16:00〜17:30 斉信4F

 今まで学習してきた「未測量」「位置表象」「数」「図形」「言語」の5領域の中から重要課題をとりあげます。今後の学習では、ペーパートレーニングの時間や量を徐々に増やしていく必要があります。今回はペーパーを中心に、よく間違えたりつまずいたりする点をチエックしながら問題を解くためのポイントを指導します。まだ基礎に不安がある方もぜひ受講してください。

 
 
(2)「法則性の課題に挑戦」
講座No.6YB 6月12日(日)16:00〜17:30 斉信4F

 法則性の問題は、推理の課題として入試でもよく出題されています。これらの問題では、規則性を発見することが重要です。しかし、この規則性には、回転、数、並び方など、いろいろなパターンがあり、とても難しい課題です。この講座では、観覧車・魔法の箱・図形系列・移動などの問題を扱い、それぞれ基本問題から応用問題まで、必須パターンについて徹底指導します。

 
 
(3)「つりあいと交換の課題に挑戦」
講座No.6YC 6月21日(火)17:00〜18:30 三信2F

 今回は、「一対多対応」の課題から発展した「つりあい」や「交換」の問題を学習します。「一対多対応」の学習については、過去にひまわり会の授業でも取り上げました。「つりあい」や「交換」の問題を解くには、一対多対応を基にした数の交換の操作がスムーズにできることがポイントになります。また、「置き換え」の要素が入った応用問題では、仲立ちを介した考え方が必要なため、論理的な思考力が問われます。この講座では、交換や置き換えの際に起こる問題点やつまずきやすい点を挙げ、解答を導き出すためのポイントをわかりやすく解説し指導します。


持ち物 上履き・筆記用具(赤青緑黄のクーピー、赤青緑のサインペン)・水筒

▲TOP



 
学校別対策講座
担当:中村

 学校見学会や運動会に足を運び、少しずつ志望校・併願校と絞り始めているころと思います。学校の入試の特徴を抑えると共に、入試傾向を把握し少しずつ過去出題されている問題に挑戦し始める時期です。今回から過去問も行っていきます。
 
 
学習院初等科2
講座No.6ND 6月9日(金)15:00〜16:30 斉信4F

 ペーパーではなく、具体物を使って「個別テスト対策」として「記憶」「お話づくり」 「四方観察」を行っていきます。
 「集団テスト対策」として模倣運動・指示行動を行います。

 
 
学習院初等科3
講座No.6NE 6月30日(金)15:00〜16:30 斉信4F

 「個別テスト対策」として「記憶」「線対称」「パターンブロックを使っての構成」「ひもを使っての手先の巧緻性」を行います。
 「集団テスト対策」としては積木を使った行動観察を行います。


持ち物 上履き・筆記用具(赤青緑黄のクーピー、赤青緑のサインペン)・水筒

▲TOP



 
手先の巧緻性/絵画造形プログラム
担当:大坪


 
生活の巧緻性と課題制作
講座No.6CF 6月19日(日)13:15〜14:45 三信2F
 
 生活巧緻性では、「お箸」をテーマに、持ち方やつかみ方の練習を行っていきます。
 お箸は、はじめに上手に掴めていても、少しずつお子様の持ち方の癖があらわれてくることがあります。もう一度、お箸の持ち方を見直してみましょう。
 課題制作は、指示製作に自分のアイディアをプラスした作品作りです。指示通りに丁寧に作業する事と、テーマに対してすぐにアイディアが浮かぶように課題に慣れておく事が必要です。

 
 
入試対策の絵画造形プログラム
講座No.6CG  6月19日(日)15:00〜16:30 三信2F

 小学校受験の絵画制作では、作品の上手・下手ではなく、お子様の「想像力・表現力・コミュニケーション力」などが求められています。
 絵画・造形プログラム講座では、様々な課題にじっくり取り組みながら、作品作りに必要な自己表現力を身につけていきます。

【  課題画 】
  課題の内容を理解し、創造力豊かに絵を完成させて発表します。
【 集団絵画 】
  テーマにそって 皆で協力して一枚の絵を描いていきます。
  作品を完成させる為に 必要な技術だけではなく、コミュニケーション能力も伸ばしていきます。


持ち物 上履き、水筒、スモック

▲TOP




自ら考え、判断し、友達と協力して問題を解決する
問題解決力講座
担当:久野雅弘
 

 毎回、最重要単元をテーマに、ばらクラス(こぐま会年長クラス)のカリキュラムの中から最重要の課題について、個別で復習したあとに、2人組とグループ(3〜4名)でさまざまな課題に取り組みながら、思考力、判断力、行動力を総合的に伸ばしていきます。また、自分の考えとお友達の考えを尊重しながら、協力して問題を解決する経験を通じて、集団における状況判断力と柔軟性を高めていきます。
四方からの観察とつみきの見え方
講座6MH 6月19日(日)10:00〜11:30 大森校

[個別復習]
 (1)2つのものの見え方(前後左右)
 (2)つみきの見え方(前後左右、上)

[2人組課題]
 (1)向かい側から見たつみきの見本を見ながら、つみきを構成する
 (2)友達から見た「右、左」を考えながら、友達につみき構成の指示を出す

[グループ課題]
 (1)四方からのつみきの見本を見ながら、みんなで協力してつみきを構成する

[受験との対応性]
 1.四方からの観察、つみきの見え方の理解
 2.相手の立場に立った思考と判断
 3.コミュニケーションと協調性



※定員は12名(3名以上で開講)です。


持ち物 上履き・水筒

▲TOP


Copyright(C) kogumakai ALL Right Reserved