ひまわり会 ホーム こぐま会 ネットショップ
ひまわり会ひまわり会ひまわり会


新年長児講座

 
恵比寿校講座  3月
山口 基礎学力育成講座
中村 学校別対策講座 学習院初等科
大坪 手先の巧緻性 / 絵画造形プログラム
お申込みはこちら
■恵比寿校の講座はネットでのご予約、決済となります。
■受付開始日:2017年2月23日(木)11:00 〜
■お申込み・キャンセルについては申し込み&案内 のページをご覧ください。
吉祥寺校 保護者セミナー
斎藤洋 中央線沿線の学校を中心とした 私立小学校入試セミナー

吉祥寺校特別講座
木内 合格に結びつく「手先の巧緻性クラス」 基礎コース1
木内 合格に結びつく「手先の巧緻性クラス」 基礎コース2
木内 作ろう!使おう!学ぼう!

小林 集団行動力育成講座
小林 自信を高める 表現発表力講座

斎藤洋 共学校対応 基礎学力・行動点検講座
お申込みはこちら
■吉祥寺校特別講座は、メールでのお申込みになります。恵比寿校のお申込み方法とは異なります。

 
基礎学力育成講座
担当:山口

基礎学力育成講座基礎の中でも重要な課題を中心に学習します。入試でも、応用課題に発展して出題 されることが多い課題です。基礎の段階で確実にできるようにしましょう。


数の構成と関係推理(シーソー)
講座No.GA-3ア 3月10日(金)17:00〜18:30 斉信4F

数の構成では、暗算能力を高めることで、数の多少、増減の問題にすばやく正確に答えられるようにします。
今後応用課題になる複合問題などに対応できるように、しっかりと学習しましょう。
関係推理では、主にシーソーの三者・四者関係の課題を扱い、関係性を確実に読み取れるようにします。

図形構成と言語課題
講座No.GA-3イ 3月17日(金)17:00〜18:30 斉信4F

図形構成は、図形領域の中でも出題頻度の高い課題です。入試では、具体物・ペーパーのどちらも出題されます。
実際に具体物を使って試行錯誤する経験が重要です。今回は、ツートンパズルを使った見本構成を行い、構成の 基本をしっかりと学びます。言語の課題では、最近入試でもよく出題されている「一音一文字」や「しりとり」の 課題を行い、今後の応用課題に対応できるようにします。


持ち物 上履き・筆記用具(赤青緑黄のクーピー、赤青緑のサインペン)・水筒

▲TOP



 
学校別対策講座 学習院初等科
担当:中村

小学校入試で出題されたものを今から行うのではなく、出題傾向に合わせてをつけていくために、基本となるところか ら対策を取っていきます。学習院初等科は月例順で考査が行われることもあり併願校として考えていらっしゃる方も多 いと思います。併願でと考えている方でも対策はしていかなくてはなりません。そこで3月より「学校別対策講座」を 始めていきます。学習院初等科の入試では「おはなしづくり」「図形構成」「記憶」「指示行動」「手先の巧緻性」「行動観察」が 占める割合が高いです。学校の傾向に合わせて行ってまいります。早めに対策を取っていかれることをお勧めいたします。


学習院初等科(1)
講座No.GA-3ウ 3月5日(日)13:00〜14:30 斉信4F

お話づくり…「原因」「結果」をもとにお話を作っていきます。
図形構成 …見本を見ながら立体構成を行います。
他に「記憶」「指示行動」を行います。

学習院初等科(2)
講座No.GA-3エ 3月22日(水)13:00〜14:30 斉信4F

お話づくり…1場面の絵を使って行います。
図形構成 …三角パズルを使って基本の形を作っていきます。
四方観察 …反対から見るとどう見えるか具体物を使って行います。
他に「手先の課題」 ・ 「記憶」を行います。


持ち物 上履き・筆記用具(赤青緑黄のクーピー、赤青緑のサインペン)・水筒

▲TOP



 
手先の巧緻性 / 絵画造形プログラム 
担当:大坪

手先の巧緻性 〜 基礎診断と基礎練習〜
講座No.GA-3オ 3月19日(日)13:00〜14:30 三信2F

基礎診断の内容は、「色塗り・運筆・ハサミ切り・ちぎり・結ぶ・お箸」を行い、道具の扱い方や技術が正しくでき ているかをチェックします。チェック後は、それぞれの技術の向上を目指して練習していきます。また、試験では 「手先の器用さ、作業中の集中力」だけではなく制作過程において、「諦めずに取り組む姿勢や工夫する力」を見て います。そのような力が伸ばせるように、試行錯誤しながらも自分の力で作業できるように進めてまいります。 授業後は、その診断をもとに、ご家庭での取り組み方や、ご指導の方法をお伝え致します。

入試対策の 絵画造形プログラム
講座No.GA-3カ 3月17日(金)15:00〜16:30 斉信4F

小学校受験の絵画制作では、作品の上手・下手ではなく、お子様の「想像力・表現力・コミュニケーション力」 などが求められています。絵画・造形プログラム講座では、様々な課題にじっくり取り組みながら、作品作りに 必要な自己表現力を身につけていきます。

【 観察画 】 モチーフを見て感じたこと気づいたことを描きましょう。絵具やクレヨンの正しい使い方を身につけましょう。
【 造 形 】身近な廃材を使って、「生き物」を作りましょう。お子様のアイディアが形になるようにアドバイスをしていきます。


持ち物 上履き・筆記用具(赤青緑黄のクーピー、赤青緑のサインペン)・水筒

▲TOP


Copyright(C) kogumakai ALL Right Reserved