ひまわり会 ホーム こぐま会 ネットショップ
ひまわり会ひまわり会ひまわり会


新年長児講座

 4月

恵比寿校講座 5月
山口 基礎学力育成講座
中村 学校別対策講座
大坪 手先の巧緻性 / 絵画造形プログラム
お申込みはこちら
■恵比寿校の講座はネットでのご予約、決済となります。
■受付開始日:2017年4月25日(火)11:00 〜
■お申込み・キャンセルについては申し込み&案内 のページをご覧ください。

吉祥寺校特別講座
木内 合格に結びつく「手先の巧緻性クラス」 基礎コース2
木内 合格に結びつく「手先の巧緻性クラス」 応用コース1
木内 作ろう!使おう!学ぼう!

小林 集団行動力育成講座
小林 自信を高める表現力発表講座

齋藤 弱点克服・応用力育成講座
お申込みはこちら
■吉祥寺校特別講座は、メールでのお申込みになります。恵比寿校のお申込み方法とは異なります。

 
応用課題への挑戦 1
担当:山口

5月は、数と図形の応用問題にチャレンジします。基本学習で身につけた力をさらに伸ばし、夏に向け、 応用課題に対応できる力を身につけることを目標とします。


1.「数と図形」基礎学力の確認
講座No.GA−5ハ 5月12日(金)17:00〜18:30 K&S4F

数は「一対多対応」と「包含除」の課題を行い、掛け算と割り算の基礎になる問題のまとめを行います。 図形は、具体物を使って構成の基本とポイントをトレーニングします。ポイントを掴むことで、ペーパー問題や応 用課題に対応できる図形感覚を身につけます。まだ基礎に不安がある方もぜひ受講してください。

2.「数の増減と複合問題」
講座No.GA−5ヒ 5月19日(金)17:00〜18:30 K&S4F

小学校入試では、数の応用問題として、かけざんやわりざん、たしざんやひきざんに関係する問題が複合して出題 されます。もちろん、数式を使って問題を解くわけではありません。ペーパー問題を解くにあたり重要なのは、文 章題を解くように数の操作ができることです。特に、足し算や引き算に関係する問題は、お話を聞いて、数の変化 に即して正確に操作できることがポイントになります。この講座では、連続した数の操作をトレーニングし、増減 を含んだ複合問題に対応できるように徹底指導します。

3.「対称図形のポイント徹底指導」
講座No.GA−5フ 5月26日(金)17:00〜18:30 K&S4F

対称図形は小学校入試でも出題頻度が高い課題です。「鏡映像」「線対称」「折紙を折って切ったときにできる形」 などの形式で出題されることが多く、図形領域の中でも応用力が必要とされる課題です。線対称の学習でポイント になるのは、対称の軸に対して位置や向きの関係をしっかりと押さえて考えることです。ペーパーを使った学習だ けでは、このポイントはなかなか理解することができません。この講座では、実際に折り紙を使ったり、透明な紙 に描かれた紙を使ったりして、実証しながら線対称のポイントを理解していきます。


持ち物 上履き・筆記用具(赤青緑黄のクーピー、赤青緑のサインペン)・水筒

▲TOP



 
学校別対策講座
担当:中村


横浜雙葉小学校(2)
講座No.GA-5ヘ 5月21日(日)10:00〜11:30 斉信4F

過去出題されたペーパーをテスト形式で行い、その後に解説をしていきます。
「横浜雙葉小学校の入試」では先生の指示をしっかり聞いて行動することが大切です。
ボールを使った指示運動・輪つなぎ・自由遊びを行う中でも先生の話を聞いて行動出来ているかを見ていきます。

学習院初等科(4)
講座No.GA-5ホ 5月21日(日)13:00〜14:30 斉信4F

ぺーパー校ではない分、言語力が問われる入試課題が主なテスト内容になり、個別課題対策の「お話づくり」「記 憶」は毎回、内容を変えて行っていきます。
今月のお話づくりは、4枚の絵を時系列に並び替えてお話を作っていきます。
他にスモックの着脱・たたみ方や集団活動「タワーづくり」を行います。


持ち物 上履き・筆記用具(赤青緑黄のクーピー、赤青緑のサインペン)・水筒

▲TOP



 
手先の巧緻性 / 絵画造形プログラム 
担当:大坪

生活巧緻性 総点検
講座No.GA−5マ 5月21日(日) 13:00〜14:30 三信2F

試験でよく出題される生活課題が、しっかり身に付いているかテスト形式で確認していきます。「衣類をたたむ・ 風呂敷で包む・お箸でつまむ・エプロンの紐を後ろで結ぶ・雑巾絞り」などチェックし、弱点部分の復習をしてい きます。特に、エプロン結びやお箸でつまむ練習を徹底して行っていきます。

入試対策の 絵画造形プログラム
講座No.GA−5ミ 5月21日(日)15:00〜16:30 三信2F

小学校受験の絵画制作では、作品の上手・下手ではなく、お子様の「想像力・表現力・コミュニケーション力」な どが求められています。 絵画・造形プログラム講座では、様々な課題にじっくり取り組みながら、作品作りに必要な自己表現力を身につけ ていきます。

【  造  形 】
  指示制作を行います。結ぶ・塗る・切る などの技術、指示の聞き取りの練習をします。
【形を使った想像画】
  「図形」や「抽象的な形」を何かの形に見立てるイメージトレーニングをします。想像力を広げ、一枚の絵を完成していきます。


持ち物 上履き・筆記用具(赤青緑黄のクーピー、赤青緑のサインペン)・水筒

▲TOP


Copyright(C) kogumakai ALL Right Reserved